工事前に知っておきたい!アンテナの種類と選び方

アンテナの種類とメリットデメリット

基本的には八木式アンテナかデザインアンテナかの2択です。

・八木式アンテナ
昔ながらの魚骨のような形をしたアンテナです。
屋根の上に設置されることが多く、アンテナと聞くとこの形を想像する方が多いはずです。
アナログテレビ時代から普及していますが、地デジ化にも対応しており、比較的安価です。
しかし、むき出しの状態のため天候によって損傷を受けたり、鳥の巣となってしまうこともあります。
大きいため取り付けの工事は専門の業者の方に頼むのが良いでしょう。

・デザインアンテナ
八木式アンテナとはうって変わった薄型平面タイプのアンテナで、洗練された印象を受けます。
形がすっきりしているだけでなく、色も選べるなどお洒落さに拘りたい方にはオススメです。
そのぶん値段は八木式アンテナよりも高額ですが、アンテナの取り付けはデザインアンテナの方が簡単に済みます。
デザインアンテナで注意しておきたいのは電波状況です。
形状的な理由で強風に弱く、屋根の上に設置するには向いていないので、家の外壁やベランダに取り付けます。
しかし外壁は屋根の上と比べると電波が弱い傾向があります。

どうやって選ぶべきか?

デザインアンテナの場合取り付ける場所が壁面なので、自宅の電波状況によって取り付けられるか否かが決まります。
しかし、個人で調べると電波状況が悪かったが、業者の方に調べてもらうと大丈夫だった、ということもあるそうなので自己判断ではなく業者に頼んで調べてもらいましょう。
したがって、まずは電波の強さを確認し、十分に電波が取れるのであれば見た目を考慮して八木式アンテナかデザインアンテナかを選びましょう。

いかがでしょうか。
アンテナを選ぶ際に参考にしていただければ幸いです。

アンテナ工事の場合、高所での作業がメインとなり、素人による作業は危険を伴います。そのため、工事を検討している際には、専門業者への依頼が重要です。