自分に合った選択が大切!包茎の種類別の治療

自分で手術の判断ができる仮性包茎

男性の中には、亀頭が皮に包まれてしまっている包茎で悩んでいる人も少なくありません。その中でも日本人に最も多いとされるのが仮性包茎です。仮性包茎とは、主に平常時は亀頭に包皮が被っている状態で勃起時には皮が剥けている症状になります。仮性包茎は平常時でも自分で皮を剥くことができて性行為をする上でも特に弊害はないため、必ずしも手術の必要はありません。人によっては見た目などの問題で手術を選択する人もいますが、医学的に病気とされていないため治療には保険が適用されないので注意が必要です。

亀頭が露出できないカントン包茎

カントン包茎は包皮輪と呼ばれる皮の先端が小さいために、亀頭を露出することが困難な包茎になります。カントン包茎は真性包茎とは異なり、皮を手でむいて亀頭を露出させることも可能です。しかし、勃起時にこれを行ってしまうと小さい包皮輪によって亀頭を締め付ける状態になってしまい血流が滞ってしまうケースも少なくありません。この状態になってしまったら早急に病院での治療が必要です。カントン包茎は保険が適用されるので、比較的リーズナブルな値段で治療ができます。

手術を前向きに検討することが大切な真性包茎

真性包茎は平常時はもちろんのこと、勃起の状態でも包皮が全く向けない包茎のことを言います。真性包茎が手術を必要とする理由の一つが衛生面です。常に亀頭が包皮に包まれている状態のため、恥垢などが溜まりやすくペニスを清潔に保つことが難しいとされています。また、性行為においても真性包茎の場合は相手の女性への感染症などにも注意が必要です。こういった理由から真性包茎の人は手術などの適切な治療を受けることが大切と言えます。

包茎とは亀頭が露出していない状態のことをいいます。包皮が被って完全に露出できない場合を「真性」、包皮を剥くことによって露出できた場合を「仮性」と呼んでいます。