心が疲れたら我慢しないで!病院のハードルは高くない!

いつの間にかすっかり心が疲労している?

どんな人にでも我慢を強いられる時もありますし、乗り超えなければいけない壁はありますよね。仕事だけではなく、人間関係で精神的に参ってしまうことはあるはずです。心のバロメーターは目には見えません。いつの間にか限界を超えてしまっているのに、全てを自分のせいにして抱え込んでしまっている場合には、自力では元に戻せない場合があります。

こんな症状が出ていませんか?

疲れているのに眠れない。途中で何度も起きてしまう。不安感に襲われて回りが暗く見えてしまうなど、心の悲鳴は合図を出しています。叫びたくなったり、急に孤独感をひどく感じたり。それでも無理にその状態を続けていると、知らぬ間に心が壊れてしまうのです。ストレスと一くくりにしても症状は様々です。隠れうつ病になってしまっている場合もあります。自覚をしたら早めに心療内科への相談をしてみましょう。行きにくいイメージがありますが、結構普通に生活している会社員や主婦が通ってきています。きっと相談して症状に合った薬をもらうことで楽になったんでしょう。普通に笑顔で待合室におられます。

薬ばかりの治療にならないか心配

薬は必要な時には処方されます。過剰に薬だけ出される場合には心配になりますが、その時の自分の症状を詳しく説明してもらい、薬で楽になれば減らすという判断をお医者様はしてくれます。きっちりと話を聞いてくれるかどうかも大切です。薬の合う合わないもあるので、初期には薬を入れ替えてみたりしてくれるでしょう。診断の一つに「うつ」傾向なのか「パニック」傾向なのかなどの書面での検査もあります。今の状態をありのままに訴えてください。早く対処すれば安心できますし、相談者がいるというのは心強いですね。

岡山の心療内科では、一人ひとりに対して親身な診療を行っているため、初めてでも安心して利用でき、的確な治療を受けながら症状の改善を図れます。