1ミリずれても映らない!BSとCSをアンテナで受信する!

BSとCSを両方受信したいなら両対応のアンテナを

BS放送とCS放送をテレビで受信するための一番シンプルな方法は、自宅にアンテナを立てるというものです。しかし、BSとCSの放送電波は人工衛星から発信されるため、直進性が高く、アンテナを正確な角度で置かないとまったく映りません。では、確実に受信するために、どういった設置方法を採ればいいのでしょうか。

まず、BSとCS、両方受信したいのであれば必ず、両対応のアンテナを選びましょう。インターネットオークションには古いBS専用タイプのアンテナが安く出品されていますが、このタイプのアンテナだと、CSはまったく受信できないか、もしくはいくつかの局しか映らないということが多いです。反対に、CS専用アンテナだとBSが映りません。

レベルチェッカーがあると一人での設置が楽になる

BSとCSの両対応のアンテナを選ぶ場合は、できるだけサイズが大きいものを選びましょう。というのは、BSとCSを電波を送る衛星はそれぞれ別で、若干、位置がずれているため、大きければ大きいほど両方とも楽に受信しやすくなるからです。

アンテナの設置予算に余裕があるなら、レベルチェッカーと呼ばれる機械を買いましょう。これは、衛星放送の電波を拾うと反応するというもので、テレビで確認しなくても、アンテナを正しい角度にできたかどうかを判断できます。アンテナの設置場所が屋上など、テレビを見られない場所の場合は必須といえますし、テレビをチェックできる位置に取りつける場合でも、あると非常に便利です。

アンテナ設置を検討している場合、専門業者へ依頼することで、高所での作業も安全かつスムーズに行えるので安心です。